エンリッチメント テクニプラスト製品 床敷・選び方 一般ケージ・飼料・給水・運搬・清掃・消毒・衛生など 学会・セミナー・レポート・論文など 学会・研究会・動物実験関連サイト 株式会社アニメック 会社概要 お問い合わせはこちら
 

動物実験のケージ内環境について

(株)アニメック 富田久志

最近、薬理実験などの動物飼育には床敷飼いケージが多く使われています。これは動物に対して環境エンリッチメントが施されるからです。その他のメリットも数多く考えられます。

しかし、毒性試験の飼育環境では、依然として金網ケージが使われているケースがほとんどです。これは日本だけに限らず欧米でも同じ様です。 ボトム型ケージを使用できない理由として、動物がケージ内の床敷や糞を食したりするため、データに影響を及ぼす恐れが大きいためだと考えられます。

そういう理由で金網ケージを使い続ける事は動物の環境エンリッチメントに対して進歩がないと思います。欧米ではげっ歯類の飼育実験に対して専用玩具や、隠れる行動を助ける材料が多く販売されていて、それらを使用する事で動物の精神的な面を安定させる事が多く発表されております。

毒性試験に使われる金網ケージ内に、齧ってもデータに影響を及ぼさない材質の玩具や巣を造る材料などを入れてやる事ができれば、現状よりも改善されるのではないでしょうか?

もちろんこの事により飼育管理に手間がかかり過ぎるかも知れませんが、もとより動物実験は時間とお金がかかるものです。世間がこれだけ裕福になった今日この頃、動物にももう少し良い思いをさせてあげたら如何でしょうか?

そこでアニメックはこのような物を提案します。

Copyright(C) 2005-2020 株式会社アニメック All Rights Reserved.
HOMEへ