エンリッチメント テクニプラスト製品 床敷・選び方 一般ケージ・飼料・給水・運搬・清掃・消毒・衛生など 学会・セミナー・レポート・論文など 学会・研究会・動物実験関連サイト 株式会社アニメック 会社概要 お問い合わせはこちら

TECNIPLAST Sealsafe
個別換気ケージ(IVC)

隔離のためであろうと封じ込めのためであろうと、ユニークなシールセーフ・コンセプトによって今まで達成できなかったケージレベルでの二重防御が可能となりました。

トランスジェニック・マウス・コロニーを維持するには多くの時間と金の投資を必要としますので、研究者はこれらの貴重な動物を微生物汚染から守らなければなりません。バリヤーがいくつかの異なるレベルで存在します:室レベル、ビニール・アイソレーターそしてケージレベルでのバリヤーです。ケージレベルでのバリヤーはフィルタートップ・マクロアイソレーション・ケージおよびケージと動物を扱うためのクラス100クリーン・エア・ラミナー・フロー・ステーションから構成されており、非常に柔軟に組み合わせることができます。

厳密な無菌テクニックと合わせて用いれば、ケージレベルでのバリヤー・テクノロジーによって動物を常に病原体から守ることができます。

多くのバリヤー・システムは主として動物を空気伝播病原体から守るためか(隔離)、あるいは職員の安全のためか(封じ込め)のいずれかの目的で設計されています。

現在まで、アイソレーター以外に、相反するこれら2つの目的を達成できたものはありませんでした。 Tecniplast IVC Sealsafe はこのことを心に留めると同時に、装置を使いやすくし、人間工学上の基準に合致することを目的として設計されテストされてきました。

当社のユニークな設計はトップに設けられた自動開閉バルブから HEPA フィルター濾過空気を供給します。空気はそれから前面に向かい、ケージの底へ向かって拡散し、そして最後には滑らかで円形状のフラッシング効果を持ってトップから吸い戻されます。

単に空気をケージに出し入れするだけではもちろん不十分です。汚染物が貯留するのを防ぐためにエアポケットを無くすこと、そして気流がすきま風や乱流とならないように十分な検討を行う必要があります。Flomerics Ltd が Tecniplast シールセーフ IVC ケージの換気効率をテストし、アンモニア濃度を分析し、マウスの周りとケージスペースの流速分布を調べました。必要なら全文をお届けします。あるいは以下のページでオンラインでお読みいただけます。 http://www.flovent.com/

ファン・ユニットをケージから分離することによって、ラックが動かしやすくなり動物室の利用性がよくなったばかりでなく、ラックをケージ洗浄機にかけたりオートクレーブすることが可能になりました。さらに、3つの片面ラックを1つのファン・ユニットで動かすことによって IVC ケージ1個あたりのコストが劇的に減少しました。

デザインを決めるにあたって忘れてはならないことは、スタッフは動物と一緒に働くという事実です。当社の製品はユーザーにフレンドリーであり、長年にわたって証明された既存の基準に則っていることは誰も否定しません。このことは換気ケージを長期にわたって安心して広くお使いいただくためには大切なことです。

当社の技術スタッフはこの分野で 30 年の経験を有しており、ご要望があれば、貴研究所の実験動物技術者、エンジニアおよびコンサルタントと協同して最適な動物室レイアウト、技術情報、設計図などをご提供します。大切なものを守る方法は以下の4項目以外にありません。

  1. 諸規制を遵守した施設
  2. 動物はコントロールされた既知のソースから導入すること
  3. 適切な器具・器材
  4. 良い作業手順

Image example

Tecniplast の Sealsafeェ 個別換気ケージ(IVC ) はこれまでの気圧によるバリアコンセプトをケージレベルにおいて定めることによって新しいスタンダードを定めました。

  • 特別に成型したナイロン製シールと着脱式留め具によってトップカバーとケージ本体がしっかりとシールされます。留め具は使いやすく、長年にわたり故障がありません。
  • 自動的に閉まる給気バルブによって封じ込めが確実に維持され、低速の空気が各ケージに拡散されます(<0.15 m/s)。
  • 給水ビンの挿入部が組み込まれているためケージをラックから取り出さずにIVCラックのその場でで給水ビンを外から交換することができます。
  • 0,2 オ PALL 細菌フィルターを取り付けてあるので、換気が止まった場合でも動物が CO2 に暴露される危険性が少なくなります。

この革新的システムは4種の異なるケージサイズでご利用になれます。

  • 1284L (Euro-standard type II L) 床面積 530 cm2 マウスの実験群に適しています。
  • 1145T 弁当箱型ケージであり、他のタイプのケージに比べて同じラックに 30% 多くのケージを載せることができます。床面積は 435 cm2 マウス匹または体重によりそれ以上を飼育することができます。
    全体寸法:mm 369 x 132 ht
  • (Euro-standard type III H) 床面積 810 cm2 アクセサリーを追加せずにマウス、ラットいずれも飼育することができます。(詳細:クリック)
  • 1500U (Euro-standard type IV S) 床面積 1500 cm2 ラット実験群および繁殖ペアの飼育に適しています。

ラックの構成、マルチプル連結オプション、適したプラスチックのグレード、およびその他のオプションについては当社代理店にご相談ください。

すべての Tecniplast IVC システムは徹底的な出荷前検査を行っております。証明書を付けてお届けします。

テクニカル・データ・シート、性能報告書、ラック設計図、科学文献、その他の参考資料を用意していますのでご請求ください。

どの換気ケージがベストか悩まないでください。

  • 空気中へのアレルゲンの放出がなくなります
  • ケージ内の動物を空気伝播病原体から守ります
  • ケージを周囲のケージから隔離します
  • 病原体を封じ込めます

 

Copyright(C) 2005-2020 株式会社アニメック All Rights Reserved.
HOMEへ