エンリッチメント テクニプラスト製品 床敷・選び方 一般ケージ・飼料・給水・運搬・清掃・消毒・衛生など 学会・セミナー・レポート・論文など 学会・研究会・動物実験関連サイト 株式会社アニメック 会社概要 お問い合わせはこちら
New and Improved

Touch SLIM line はアミクロプロセッサー制御のタッチスクリーンを取り付けた Slimline です。これは給気ブロワーと排気ブロワーの両方のスピードを調節し、温度と相対湿度のセンサーが組み込まれています。

ケージの数とタイプ、および必要とする時間あたりの換気回数(ACH)をセットするだけで、Touch SLIM line は自動的にケージ内気流をコントロールすると同時にすべてのデータをリアルタイムでモニターし表示します。

Touch SLIM line は多くの警報を出すことができます。給気量、排気量、圧力、温度および相対湿度の最大と最小について警報を出します。すべての警報閾値はオペレーターが簡単にセットできます。


ツイン・ファン・モジュールが各ケージに供給する時間あたりの換気回数(ACH)の最適範囲は機器構成と圧力モードによって 60 から 80 です。

タッチ・スクリーン・ディスプレーによって給・排気 ACH を簡単に調節することができます。システムが故障した場合には、オペレーターはビルメンテナンスサービス(BMS)に通じている警報表示と遠隔操作ドライ接点によって知ることができます。ケージのミクロフィルターが各ケージ内の CO2 濃度の上昇を抑えるのでシステムのバッテリーによるバックアップは必要ありません。

HEPA フィルター濾過空気を供給されている動物室にある Sealsafe 個別換気ケージは陽圧または陰圧のいずれかに維持することができます。
差圧をタッチ・スクリーン・ディスプレー上で視覚的にモニターすることができます(オプション)。
ファン・ユニットをラックから分離し、複数のラックをリンクして配置するので:

安全性が高まり無理な姿勢を取る必要が少なくなりました
ケージ内の振動と騒音が低くなりました
ラックは非常に動かしやすくドアを簡単に通すことができます
個々にブロワーを持っている換気ラックに比べてケージ/動物あたりのコストが低下しました。

 


ケージ・タイプの選択、選んだケージの総数、圧力モードおよび必要な ACH の入力は非常に簡単です(正しく ACH をセットするために計算の必要はありません。)。

 



Touch SLIM Line によってブロワーは自動的に望みの ACH を達成し、ユーザーが互換性のないラックを接続すると警報を出します。

 

 


HEPA フィルターの状態を連続的にモニターし、この次のフィルター交換の必要を早めに知らせます(およそ 30 日前通知)。このフィルター警報を無視すると、低気流警報がやがて起動します。

給気量、排気量、圧力、温度、RH%の最大、最小の警報閾値はすべてオペレーターが設定できます。

数字キーボードによって最大・最小の警報パラメーターを入力します。


いったんパラメーターをセットすると、Touch SLIM Line は自動的にケージ内気流を制御すると同時に、すべてのデータをリアルタイムにモニターし表示します。

Touch SLIM Line がセットしたリミットを超えるデータを読むと、警報がディスプレー上に現れます。

"Report" ボタンをクリックすると、最近発生した 100 件の警報リストを表示します。

Copyright(C) 2005-2020 株式会社アニメック All Rights Reserved.
HOMEへ