HOMEへ
エンリッチメント テクニプラスト製品 床敷・選び方 一般ケージ・飼料・給水・運搬・清掃・消毒・衛生など 学会・セミナー・レポート・論文など 学会・研究会・動物実験関連サイト 株式会社アニメック 会社概要 お問い合わせはこちら

Tecniplast の絶え間ない
イノベーションへのこだわりから
Sealsafe PLUS が産み出されました。


シールセーフ・プラス
IVC 進歩から革新へ

飼育密度が増加しました

Sealsafe PLUS ラックの高さは 10 段で2メートル以下です。そして平方メートルあたりのケージ数が増加しました。

TouchSLIM PLUS は飼育密度の増加を頭に入れて開発されました。これは先のモデルと同じ性能をもった TouchSlim であり標準的な Sealsafe ケージシステムにもアップグレードして使用できます。.

わずか 230 mm の長さであり、床面積の使用が少なくなっています。

片面ラック 3-4 台までまたは両面ラック2台まで(表参照)を同じ TouchSLIMェ PLUS ユニットに連結することができます。TouchSLIMェ PLUS ユニットは真ん中に置かれることをお奨めします。

ケージ・セルフロッキング・システム (CSS)

ケージはオートマチック・セルフロッキング・メカニズムをもったサイドランナーによって懸垂されています (CSS)。


ケージ・ビジュアル・インジケーター (CVI) 

Sealsafe PLUS の最もきわだったイノベーションの一つが CVI (Cage Visual Indicator)です。これはケージがラックの定位置に収まっているかどうかをオペレーターが一目で確認できる簡単な機械装置です。オートマチック・ロッキング・システムによりケージを最上段からでも最下段からでも楽々と取り出すことができます。

ケージが不正な位置にある。

ケージが正しい位置にある。


使いやすい

ケージのフタをするのにラッチを使っていないのでケージ交換が迅速にでき、トンネルワッシャーの中で簡単に洗浄することができます。T

またケージにはワイヤーバーのフタが半分しかありません。そのため動物をダイレクトに触ることができ、ケージが軽くなり、動物を観察しやすくなっています。

給水ボトルの挿入部にはボトルをケージの外から挿入しますのでケージを開けずに交換することができ、飼育技術者の作業量が少なくてすみます。給水ボトル挿入口のフラップはボトルを取り出すとすぐに閉まるように設計されています。



封じ込めが強化されました

ケージ本体に組み込まれているラジアル・シリコン製ガスケットによって封じ込め力が高まりました。トップにラッチがなくなったおかげで使いやすくなりました。

プラスチック製のトップをケージ本体の上に軽く押さえ込むことによって、
2つの安全ボタンがケージを閉鎖します。

トップとラジアル・シリコンのリップの間がピッタリとフィットとしていることによってシールが確実となり、アレルゲンの漏出を防いでいます。

給気バルブと排気バルブがプラスチック製ディバイダーによって分離されているので、空気が近道を通ることがなく、スプリング式シリコン製 O-リングが付いているのでケージをラックから引き出したときにはケージがシールされます。

ケージには微生物濾過メディアすなわちReemay フィルターペーパーを留める
フィルター・リテーナを装備しています。


フィルター・リテーナは特別に設計されたシリコン製ガスケットによって周囲をシールされます。フィルターのナイロンとガスケットのシリコンが互いにぴったりフィットしあって一体となります。

Copyright(C) 2005-2020 株式会社アニメック All Rights Reserved.
HOMEへ